断熱効果

  • HOME
  • 断熱効果

二重窓の断熱効果

dannetsu-inplus

建物の窓を、二重窓で施工しておくと、窓からの熱の出入りを抑制することができるようになるので、断熱効果が高くなります。
窓があると、どうしても熱が出入りしやすくなります。夏の暑い日には、住宅内のエアコンの涼しい空気が、窓から逃げてしまいやすいですし、冬の寒い日には、住宅内の暖房で温かくなった空気が、窓から逃げてしまいやすくなります。窓を二重窓にするだけで、空気の出入りが抑制できるので、エアコン効率が良くなり、電気代あるいはストーブの灯油代やガス代の節約に繋がります。二重窓は、窓ガラスと窓ガラスとの間に、空気の層ができますので、ガラスだけではなく、空気層によって遮断効果が高められているのです。

空気層の存在は、結露の予防にも効果があります。外気温と住宅内温度の差が大きくなってしまうと、温度差の境界線となる窓には、結露が発生しやすくなるものです。しかし、しっかりと遮断されていて、断熱効果が高くなっていれば、結露は発生しにくいのです。二重窓に施工してあるということは、結露の予防にも役立っていますから、結露が発生していないことを目で確認することで、しっかりと外気温が遮断されていることも分かります。

屋外側のガラス表面にコーティングをすれば、太陽光を反射させたり、太陽光を効果的に室内に差し込ませたりすることが可能です。太陽光の差し込む量とは関係なく、基本的に外気温を遮断できるので、結露の発生の有無によって、断熱性能が効いているのか、それとも弱まっているのかをチェックできます。


郵便受けトップへ戻る