リフォーム

  • HOME
  • リフォーム

二重窓のリフォーム

reform-inplus

住宅の窓を、二重窓にリフォームすることで、さまざまな恩恵が得られるようになります。
まずは、何と言っても断熱効果の向上です。断熱効果が向上すれば、エアコン効率も良くなります。次に、結露の予防です。結露を防げるとカビ予防にもなり、衛生的です。そして防音効果です。いずれの場合も、二重窓に施工した瞬間から改善されます。

リフォームするときのポイントは、建物を傷めずに工事が可能かどうかです。まずは、大掛かりな工事が必要になるのかどうかです。
住宅の窓枠の場合は、簡単に二重窓に交換できる場合が多いです。窓枠の既存サッシからの奥行きが、二重窓の枠の奥行き以上であればスムーズに取り付けられれます。窓枠の奥行、強度によっては、二重窓の取付が不可能の場合があり注意が必要となります。
通常の取付の場合、壁は触らないため住宅の構造体への負荷も、かかりません。
窓枠の奥行サイズが足らない場合、補助枠等のオプションを利用する等して窓枠の奥行を大きくする必要があります。
窓枠の奥行を大きくした場合下枠の強度には十分注意し、二重窓の重量に耐えられる構造が必要となります。

まず最初は販売店に見積りを依頼するか、カタログ等を参考にして工事可能かどうかをチェックしましょう。なお二重窓には、単板ガラス、複層ガラスの選択ができますので、複層ガラスの場合空気層の厚さを調整できるという商品もあります。二重窓(内窓)での設置は工事そのものは一か所あたり一時間程度で完了しますので、手軽に依頼できます。


郵便受けトップへ戻る